むだ毛処理の女神

女性の天敵、ムダ毛。
不要なところに生える毛ほど無用の長物なのに、自分でなんとかするには難しい個所ばかり…。

ムダ毛の自己処理といえば、剃る、抜く、薬剤(クリーム)で溶かすなどがありますね。
それぞれ、きちんと正しく行えていますか?部位によって、合う処理と合わない処理があります。間違った自己処理は肌トラブルの原因になるだけでなく、メラニンの沈着も引き起こしてしまうかも!

それぞれの自己処理のメカニズムを知って、正しいムダ毛処理ライフをしていきましょう。

まず最もポピュラーな剃毛処理は、カミソリを使う場合と、トリマーと呼ばれる電動カミソリを使う場合、電気シェーバーの三つに分かれます。
カミソリを使用する場合が最も肌を傷つけてしまいます。というのも、毛ごと皮膚の表面を削り取ってしまっているせいで、肌に直接ダメージが入ることに…。表面が傷ついているので、ここにバイキンが入ると大変な事になってしまいます。色素沈着も起きやすく、出血もしやすいので注意が必要です。最もトラブルが多い処理ですね。
トリマーは、カミソリと比べるとずっと肌への負担は少ないですが、深剃り出来ないのが惜しいアイテム。コンパクトなのが魅力です。強く押し当ててしまうと、ダメージになるので、あくまでも臨時の剃毛アイテムです。
電気シェーバーは一番、剃毛に向いているアイテムです。男の人が髭を剃るアイテムを想像してください。速く剃れて、肌の負担も少ないので、VIOなど処理が難しくデリケードな部分はカミソリではなく電気シェーバーを使いましょう。
ただし、電気シェーバーでも肌へのダメージはあります。炎症を起こしてしまう場合もあるので注意が必要です。

毛を抜く処理は、ピンセットを使う場合と、ワックスや脱毛テープを使う場合に分かれます。
ピンセットは、それはもう一本一本抜いていく手間が尋常じゃありません。密集した毛ではなく、一本飛び出てしまった毛などに使用する場合が多いでしょう。
ワックスや脱毛テープは広範囲を一気に抜く事が出来るので楽ですが、ものすごく痛いのが特徴で、抜いた後は真っ赤になってしまいます。その後のケアとして冷やすなどしましょう。
毛を抜く事は毛穴の直接的なダメージでもあります。肌に負担をかけるだけでなく、毛穴が大きく広がり目立ち、炎症を起こす場合もあります。

最後に、薬剤(クリーム)を用いた処理ですが、これには脱毛剤や除毛剤、抑毛剤の種類があります。
脱毛クリームと呼ばれる脱毛剤、除毛剤を脱毛個所に塗って、数分後に洗い流すだけの簡単な作業は痛みもなく便利ですが、毛を溶かすほど協力な薬剤は肌にも当然ダメージを与えてしまいます。肌トラブルに直結するので注意が必要です。
抑毛剤は、毛の成長を緩やかにする薬剤で、生えなくなる訳ではなくゆっくりと生えるようにします。毛の処理期間が長くなり、手間が減るのが魅力です。
他の自己処理と比べると最も負担が少ないのですが、効果が現れるまでに時間がかかる事と、生えてくれば処理しなければなりません。あと、高いのが難点です。

Comments are closed.